牛ロースの商品化(サーロイン・リブロース)

ロースは3つの部位に分割されます。
頭側から、

です。

リブロース
リブロース

リブロースは肩ロースサーロインのちょうど中間にあるお肉です。
サーロインとの違いは、ロースカブリというすこし固い肉がついています。またロースの中心にすこし脂肪が噛んでいます。
だからすこし脂が多いという印象をお客様は持ってしまいます。やわらかさは抜群です。うす切りにして、すき焼き・鉄板焼、そしてしゃぶしゃぶに最高です。

豊後牛サーロイン
豊後牛サーロイン

サーロインはリブロースからつながり牛ランプまでつづぐお肉です。ランプがお尻なのに対し、サーロインは腰肉ともよばれます。

 

サーロイン(Sirloin)です。昔初めてサーロインを食べた王様があまりのやわらかさとおいしさに感動して、サーという貴族の称号を与えたということです。

肩ロースを安く販売するため、サーロインはその分単価が高くなります。
スーパーなどの特売でよく利用されるのは肩ロースです。
ロースうす切り特売中!とあってもじっくりそれがどの部位か確かめて購入してください。
経験的にサーロインは肩ロースの2倍くらいの値段でしょうか。
(肉種・等級が同じなら)

 

LINEでお問合せ

友だち追加数

TEL 097-521-3355

ネットショップ「九州肉屋.jp」

宅配炭火焼肉「楽Q便」

学問所通信

糖質制限とMEC食ブログ

SNS

アクセス

九州食肉学問所

大分県大分市中鶴崎1-6-8

TEL: 097-521-3355

FAX:097-527-4037

info@butcher.jp

学長のTwitter