バーベキューファンクラブ(課外授業)

ブリスケ

本サイトは「バーベキュー(Barbeque)」、「グリル料理(Grilling)」や「燻製(Smoking)」を楽しむ方のための情報サイトです。バーベキューを料理としてだけではなく、「文化」として、普及させていく活動をしていきたいと考えています。

 

BBQを楽しみなながら、ページを更新していきますので、お楽しみに♪ 

 

BBQファンクラブのねらい

日本でのバーベキューのイメージは「屋外での炭火焼肉」。これもたしかにバーベキューなのですが、本来のバーベキューの奥深さを伝えるものではありません。

ただしバーベキューの奥深さを学ぼうとしても、日本には詳しい書籍やサイトがあまりありません。

このサイトではバーベキューやグリル料理先進国であるアメリカの書籍などを参考に日本語で分かりやすいバーベキューの楽しみ方をお伝えしていきたいと考えています。 

 

 

いま求められるもの

日本では肉といえば焼肉・すき焼きといったように基本的にうすくカットした肉をタレや割りしたなどの甘い味付けで楽しむといったものが人気です。焼肉屋は日本に五万とありますし、流通も発達して素人でも開業できるようになりました。生産の現場では霜降りがもてはやされ、高コストかつ牛にとって負荷の大きい飼育が行われています。

これまでの忙しい日本人のスタイルにはあっていたのでしょう。

 

いまは長引く不況と先行きの見えない経済の影響で消費も極寒地のごとく冷え込んでいます。低コストの焼肉は食中毒などの問題を引き出しましたし、生産の現場では口蹄疫・BSE・とりインフルエンザなど問題が発生しています。

焼肉屋は経営難に陥っているところも多いですし、高級霜降り牛肉は市場が冷え込み、割に合わなくなってきています。高齢化で霜降り肉はちょっと食べると胸焼けするという方も増えています。

 

これからは本当の意味で肉を楽しむ時代に入ってきたと感じています。

 

1:プロセスを楽しむ。

 肉やスパイスの購入からコンロの準備・下ごしらえ・調理・食事といった一連の流れを楽しむ

 

2:家族・友人と楽しむ。

 こうした一連のプロセスを家族・友人と楽しむのがこれからのバーベキュー

 

3:リーズナブルに楽しむ

 バーベキューで炭火の管理がうまくなれば、硬い部位でもやわらかく味わい深くたのしめます。こうしたお肉は比較的ローコストです。

また炭も比較的安く手に入ります。しっかりしたコンロを調達すれば何年も利用できます。

 

週末は家族でショッピングモールや行楽地にお出かけもまたよいものですが、ひとつの候補として、バーベキューを楽しむというのもいかがでしょうか。

 

 

参考サイト

http://bbqpitboys.com/

 

http://www.bbqu.net/index.html

LINEでお問合せ

友だち追加数

TEL 097-521-3355

ネットショップ「九州肉屋.jp」

宅配炭火焼肉「楽Q便」

学問所通信

糖質制限とMEC食ブログ

SNS

アクセス

九州食肉学問所

大分県大分市中鶴崎1-6-8

TEL: 097-521-3355

FAX:097-527-4037

info@butcher.jp

学長のTwitter